ニュース

華原朋美ベビーシッター事件|高嶋ちさ子が圧力?かわいそうの声続出

華原朋美さんがユーチューブ配信をするようになってから、毎日のように話題になっています。

華原さんは、9月23日のユーチューブの投稿で、今回の高嶋ちさ子さんとの「ベビーシッター虐待疑惑」について一転謝罪の言葉を述べました。

一体何があったのか、まとめてみます。

華原朋美尾木プロ社長と高嶋ちさ子に謝罪

華原朋美さんの9月23日未明のユーチューブ動画です。

冒頭から顔面が強張り、絞り出すような声で「今回の高嶋ちさ子さんへの謝罪と、尾木社長への謝罪をしたいと思います。ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした」と謝罪しています。  

続けて、今にも泣き崩れそうな表情のまま、「私の勘違いであり、そして虐待ではありませんでした。そのことについてものすごく反省しております。大変申し訳ございませんでした」と時折声を震わせ、カメラに向かって涙ながらに謝罪しています。

30秒に満たない動画で、何を訴えたかったのでしょうか。

華原朋美のベビーシッター虐待疑惑とは?

華原朋美さんは、芸能事務所尾木プロとの契約解除後、早速ユーチューブの動画配信をはじめたのですが、動画内で呂律がまわっていないことやメイクがおかしいと心配されつつも、自らの近況を前向きに伝える動画を投稿し、ファンを喜ばせていました。

華原朋美の太眉毛が異様?激太りの体型も昔の画像と比較してみた!歌手の華原朋美さんが、芸能事務所プロダクション尾木との契約を解除し、ユーチューブデビューしましたね。 双方合意の契約解除ということです...

高嶋さんに向けた謝罪は、9月11日発売の『FRIDAY』などが報じている内容に対してのものとみられます。

2019年に生まれた華原さんの長男について、華原さんが親しくしていた高嶋さんから紹介されたベビーシッターが、哺乳瓶をくわえたままの子どもを逆さつりしていた様子が防犯カメラの映像から判明し、虐待行為だとする華原さんと、虐待ではないとする高嶋さんとの間で見解が割れており、2人の不和につながっていることが報じられていました。

華原朋美がベビーシッター虐待で情緒不安定?尾木プロ契約解除も原因?歌手の華原朋美さんが、ユーチューブを始めましたが、その動画が「顔がおかしい」「元気がない」などと心配されています。 華原朋美さんが情緒...

 

華原朋美のベビーシッターは、高嶋ちさ子の紹介

問題のベビーシッターさんは、華原朋美さんの友人のバイオリニスト高嶋ちさ子さんの紹介の方でした。

ベビーシッターのAさんは70代の女性で、高嶋ちさ子さんのベビーシッターを長年務めていたので、華原さんは安心して子供の世話を任せていたようです。

ところが、Aさんの言動に度々不信に思うところもあって、8月のある日、部屋に設置しているカメラの録画映像を確認してみると……。

「シッターのAさんが、ベビーの両脚をつかんで逆さ吊りしている光景が映っていたそうなんです。ちょうど哺乳瓶でジュースを飲んでいる時で、何を思ったのか、Aさんは哺乳瓶をくわえたままのベビーの両脚を持って、突然逆さ吊りにしたんです。その間、ベビーはされるがままでした。膝の上で揺さぶったりもされてました。あまりにも酷い光景でした」(華原の別の知人)

驚いた華原さんは、すぐにAさんとの契約を解除。

さらに、Aさんを紹介した高嶋さんの元へ、逆さ吊りの画像とともにLINEで相談のメールを送ったのですが、その返事が信じがたいものでした。

高嶋ちさ子さんは、ノーコメントを貫いていますが・・。

華原朋美と高嶋ちさ子は友達なのか?

華原朋美さんと高嶋ちさ子さんは友人と言われていて、高島さんのインスタグラムにも何度かツーショットの写真があげられています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

久々にともちゃん(華原朋美)に会ったら、bigになっててびっくり! 産後体重が落ちなくて〜ってあっけらかんと笑ってて、こっちまで笑っちゃった。 けど、可愛い息子君と毎日遊んで抱っこして、ちゃんとお母さんしてる証拠だね。私なんて、子供が小さい時は「眠れない!」とか「疲れる!」とか文句ばっかり言ってたのに、ともちゃんは意外にも子育て向いてるみたいで、偉いなぁ。 けど、夏の終わりくらいからお仕事あるみたいだからまずはライザップからのたかの友梨ビューティクリニックでお世話になるべきだね、と助言しましたが、私の分のウニも食べてました。 頑張れともちゃん!

Chisako Takashima(@chisakotakashima)がシェアした投稿 –

歯に衣着せぬ高島さんの物言いですが、仲は良さそうですね。

友人になったきっかけはわかりませんが、過去にはテレビで共演していたこともありました。

2017年7月「ボクらの時代」では、華原さん、高島さん、アナウンサーの軽部真一さんと出演し、そのときの華原朋美さんの言葉が印象的です。

軽部アナが、過去に高島さんの子供が約束を破ったため、高島さんが怒って子供のゲームをバキバキに折って話題になったことに触れ、

「でも、あのゲームバキバキ事件以降は慣れたでしょ? そこからは、何を書かれようとも気にしていないと思っていた」と、話を振ると、

高嶋さんは「いやいや、気にする。自分は優しくていい人だと思っているから、ふに落ちない」と反論。

このトークを横で聞いていた華原さんは「それは違います。優しくないし、人に気を使わない。本気だし、歯向かったら大変!」と高嶋さんをバッサリ切り捨てていました。

『怒らせたら怖い』が本当になったのでしょうか。

 

華原朋美が高嶋ちさ子に謝罪した理由は?

ベビーシッター虐待について、激怒していた華原朋美さんが、一転して謝罪したのはなぜなんでしょうか。 

一部週刊誌では「警察介入の検証の末、虐待ではなかったという判断がくだされた」とも報じられており、トラブルの真相は華原さんの勘違いであり、虐待はなかったとされています。

華原さんは、証拠の動画を持って警察に相談していて、フライデーに掲載されていた動画のキャプチャと見られる写真が本物だとすれば、虐待だと疑われても不思議ではありません。

逆に、なぜ「華原朋美の勘違い」で片付けられたのか疑問が残ります。

華原さん本人が投稿した謝罪動画が、その真相を裏づけることとなってしまいましたが、そこに収められた痛ましい号泣姿には

  • 「明らかに悔し涙じゃない?」
  • 「謝罪させられてるとしか思えない…」
  • 「なぜ謝る?」
  • 「きっと上からの圧力だよね」
  • 「誰かに脅されて無理やり言わされていない?」
  • 「朋ちゃんのSOS動画に見える。助けたい、心配です」
  • 「あんな逆さ吊りの映像を見たら、親なら誰でも子供を心配する。虐待を疑ったことは悪いことじゃないよ」
  • 「愛する我が子を心配した行動なのに謝罪する必要なんてない!」

と心配するファンの声が多数寄せられています。

 

華原朋美を心配する世間の声続出!

世間の声は、圧倒的に華原さん擁護の声が多いです。

高嶋ちさ子さんがコメントしていませんので真相はわかりませんが、華原朋美さんには子供さんとの安らかな暮らしと歌手としての復活を、望んでやみません。